月別アーカイブ: 2017年11月

秋シーズン 最終戦

こんにちは! 3年マネの理央です。

11月26日に東京農工大学との試合がありました。

4年生最後の試合です。。。。

最後の試合は「勝利」で終わってほしい、でも楽しんでほしいなと思いながら、臨んだ試合ですが、見事勝利することができました!!!

横浜市立大学 VS 東京農工大学 21:20

1点差ではありますが、最後の試合勝利で飾れてよかったです。

この試合で、4年生が引退と思うと寂しいですが、3年生の私は次、最上級生となるため、悲しんでばかりもいられないなという思いです。。

今シーズンの反省なども含め、来シーズン取り組んでいけたらと思います!

4年生が試合を見に来ていただいて、強くなったなと思っていいただけるように、マネージャーとして選手を支えていきます!

1年間ありがとうございました。

最終戦に向けて

こんにちは!2年マネの梨沙です(^^♪

最近は一段と寒くなってきていますね…

みなさん体調管理には気をつけてくださいね!

 

さてさて、アメフト部はというと最終戦に向けて気合を入れて練習に取り組んでいます!!

 

第4節を終えて、1勝1分2敗という結果になっており、入れ替え戦の可能性はなくなったのですが、やはり最終戦は勝利という形でシーズンを終えたいですね(*‘∀‘)

 

4年生にとっては次の試合が最後の試合となります。

ここまでFighting Seagullsを引っ張ってきてくださった4年生がもう引退してしまうんだなあと思うととても寂しいです😔

 

 

 

以下、最終戦の詳細になります。

 

第5節 東京農工大学戦

11月26日(日) Kick Off 13:45

@東京農工大学東小金井グラウンド

 

2017年Fighting Seagulls最後の試合です!

応援よろしくお願いいたします。

VS茨城大学

 

こんにちは!3年マネージャーの早織です!

今日は、11月11日に行われた第4節茨城大戦について書きたいと思います!

11月ということで寒くなることを危惧していましたが、

当日は気持ちのいい秋晴れで、暖かかったです^^

残り2戦を確実に勝とうという思いで挑んだ試合、結果は14ー14と引き分けに終わってしまいました・・・。

 

点を取っては取られ、取り返しては、また取られの展開で、

ドキドキしながらサイドラインに立っていました!><

また、今回の試合では下級生の活躍も見られ、

いよいよこのチームで戦うことができるのも残りわずかなんだなぁと少し寂しくなりました。

詳しい試合展開や、プレーヤーの活躍などは、更新されております

試合レポートとインタビューをご覧ください!

 

いよいよ、シーズン残り1試合。

このチームで戦える最後の1戦となります。

最後まで、ご声援のほど、よろしくお願い致します!

茨城大学戦試合インタビュー

茨城大学戦試合インタビュー

 

今回の試合インタビューは、

ラッシュによるTDとロングゲインを決めた4年生の#2秋元さん

同じくラッシュによるTDとロングゲインを決め、キッカーとしても活躍した3年生の#7中西さん

インターセプトやパスカット、ソロタックルを決めた3年生の#24木俣さん

今試合ではパスキャッチ成功によるフレッシュ獲得、理科大戦ではソロタックルを決めた1年生の#10糸嶺くん

4年生で医務のマネージャーである大竹さん

に答えていただきました!


#2 秋元稔也 RB/DB 4年

1. 試合お疲れ様でした。TDはもちろん、30ydsのロングゲインなどフィールドを力強く走り抜ける姿が印象的でした。一言お願いします。

気持ちよかったです。

2. 残すところ1試合となりましたが、最終戦に向けて意気込みをお願いします。

最終戦も諦めないぞ。

 

 

#7 中西亮太 RB/DB 3年

1. 試合お疲れ様でした。今試合のTDや外語戦での45ydsものロングゲインがとても印象的です。一言お願いします。

良い位置で回ってきたので決めれて良かったです。

2. 最終戦への意気込みをお願いします。

1番お世話になった4年生との最後の試合になるので、勝ちを目指しつつも楽しんでプレーしていきたいです。

 

 

#24 木俣剛 RB/DB 3年

1. 試合お疲れ様でした。第4Qでのインターセプト、サイドラインを沸かせましたね。一言お願いします。

お疲れ様です。今シーズン初のインターセプトだったので嬉しかったです。

2. 残すところ1試合になりましたね、意気込みをお願いします。

今までお世話になった四年生とできる最後の試合なので自分のプレーで恩を返したいです。

 

 

#10 糸嶺秀紀 WR/DB 1年

1. 試合お疲れ様でした。1年生ながら見事なパスキャッチでフレッシュ獲得に繋がりましたね。一言お願いします。

榎本さんのパスが良かったです、ありがとうございます。

2. 今シーズンも残すところ1試合となり、来年は2年生になりますね。これからどのようなWRになっていきたいですか。目標等あれば教えてください。

もっと頼ってパスを投げてもらえるWRになりたいです。

 

 

GM 大竹志歩 医務 4年

1. マネージャーから見た今年のチームの強みはなんだと思いますか?

一人一人の個性や強みを活かして、助け合っているところです。

2. 4年間医務として仕事をしてきた中で、やりがいを感じるときはどのような時か教えてください。

テーピングが効果的に働いたり、怪我をしていたプレイヤーが元気にプレーをしている姿を見た時です。


ありがとうございました!

第4節は14-14の同点という結果になりましたが、
最終戦は、4年生は大学生活最後の試合、1~3年生は来シーズンの試合に関わる大事な試合になります。

最後まで部員一同精一杯駆け抜けますので、暖かいご声援をよろしくお願いいたします!

茨城大学戦試合レポート

茨城大学戦試合レポート

第1Q

横市がレシーブを選択したため、茨城のキックオフにより、試合開始。

茨城のキックを#4土屋15ydsリターンし、自陣26yds地点より1st down。

しかし、フレッシュ獲得できず、茨城に攻撃権を渡してしまう。

#6江越#52前園#23高良、#27安藤のタックルが決まるも、
茨城は2度のフレッシュを重ね、FGを選択するも失敗。

その後攻撃権は横市に移るも、フレッシュ獲得できず、再び茨城へ。

茨城に攻撃権を許した1st donw、茨城のファンブルを#29宮下がリカバーし、攻撃権を奪う。

その後の1st down、#1QB榎本から#23高良への27ydsものロングパスが成功し、一気に敵陣25yds地点まで攻め込む。

#2秋元#7中西#43三好のラッシュ、#6江越14ydsのパスキャッチ成功により、着実に距離を詰める横市。

エンドゾーンまで残り1ydとなった3rd down、#7中西が走り込み、TD!!!

#7中西によるPATも成功し、横市対茨城7-0

横市のキックオフ後、茨城オフェンスの1st down、茨城#36が激走を見せ、TDを取られそうになるも、#99赤阪ソロタックル!!

九死に一生を得る。

ここで第1Q終了。

 

第2Q

第1Qの最後のプレイから茨城#36が8回ものラッシュを繰り返す。

#99赤阪#93内田#43三好のタックルが決まるも、
茨城#36の勢いを止めることができず、TDを許してしまう。

PAT成功で、横市対茨城7-7

茨城のキックオフを#4土屋15ydsリターンし、自陣29yds地点より1st down。

#4QB土屋のラッシュ、#10糸嶺のパスキャッチ成功、#2秋元30ydsもの激走、#99赤阪10ydsのパスキャッチ成功により、4回フレッシュを更新する横市。

第2Qも残り3分となった1st down、#2秋元7yds走り込み、TD!!!

#7中西によるPATも成功し、横市対茨城14-7

茨城に攻撃権が移るも、#70伊藤#52前園#23高良のタックルも決まり、
力強いディフェンスによりフレッシュ獲得を阻止する。

横市が再び攻撃権を得るも、ここで第2Q終了。

前半終了、横市対茨城14-7で横市が7点リード

 

第3Q

横市のキックにより試合再開。

#23高良のタックル、#27安藤ソロタックルが決まるも、茨城にフレッシュ獲得を許してしまう。

しかし、#70伊藤#99赤阪のタックル、#24木俣のパッスカットが決まり、敵陣に攻め込まれる前に攻守交代に持ち込む。

攻撃権を得、#2秋元がラッシュを重ねるも、フレッシュ獲得には届かず。

横市がパントを選択した4th down、#70伊藤がパントをした後、茨城がパーソナルファールであるラフィングザキッカーのペナルティ。

オートマチックファーストダウンとなり、横市は再び攻撃権を獲得するも、ヤードを詰めることができず、再び4th downパントフォーメーションへ。

#70パンター伊藤がボールをコントロールし、32yds蹴り込み、相手のロスを3yds地点からにすることに成功。

#24木俣のパスカット、#23高良#43三好#59田村#24木俣#70伊藤がタックルし、粘り強いディフェンスを見せるも、茨城の3回のフレッシュ獲得を許してしまう。

#24木俣ソロタックルが決まる。

ここで第3Q終了。

 

第4Q

茨城に着実にヤードを詰められてしまう横市。

#27安藤ソロタックルが決まるも、茨城の勢いを止めることができず、TDを許してしまう。

PAT成功により、横市対茨城14-14

同点に追いつかれ、どうにか巻き返しを図りたい横市。

しかし、フレッシュを更新できす、苦しい状況が続く。

#70パンター伊藤がパントで30yds蹴り込み、茨城に攻撃権を譲る。

ここで、#24木俣インターセプト!!!

攻撃権を奪還し、さらに6ydsのリターンを見せ、サイドラインを大きく沸かせた。

このまま勢いに乗り、追加点を得たい横市。

#4QB土屋から#23高良への14ydsのパス成功、#43三好のラッシュ、#1QB榎本から#23高良へのパス成功、#2秋元がラッシュを重ね、短いスパンでフレッシュを獲得していく横市。

3回目のフレッシュ獲得まで3ydsとなった4th down、横市はギャンブルを選択するも、惜しくも2yds足りず、茨城に攻撃権を渡してしまう。

残り時間も4分を切り、両チームに緊張と焦りが広がる。

もう一度攻撃権を得、勝ち越したい横市。#29宮下#52前園のタックルが決まりフレッシュ獲得を阻止する。

両チーム頻繁にチームタイムアウトを選択し、作戦を立て直す。

ラス2に入り、攻撃権が再び横市に回ってくるも、茨城ディフェンスに阻まれ、4th downでパントを選択。

#70パンター伊藤27yds蹴り込み、ここで試合終了。

横市対茨城14-14でドロー。

茨城大戦を前に

こんにちは、3年マネの理央です!

私たちアメフト部は、いつも授業終了後の16時から練習を始めますが、11月中旬に差し掛かり、一段と冷え込んできたので、とても寒い中練習しています。

プレイヤーもマネージャーも風邪を引かないか、心配になります。。。

けれども、そんな弱気になっている場合ではありません!

今年のシーズンも3試合を終了し、残り2試合となりました。

11日に第4試合目の茨城大戦を控え、今日が最後の練習でした。

寒い中ではありましたが、オフェンス/ディフェンスともに、いつも以上に真剣に取り組んでいました。

 

マネージャーも頑張らなくてはと、自分たちのできる仕事、やるべきことを行っています!

医務やビデオ、お水やタイムキーパーなどなど…….

 

茨城大戦はどうしても、負けるわけにはいきません!

今日で練習は最後でしたが、グラウンド以外で出来ることは、しっかりとして試合に臨みたいと思います!

けれども、このメンバーで試合ができるのも、残り2回となっています。。。

プレイヤーもマネージャーも頑張りますが、楽しみながら試合に臨めたらなとも感じます☺

あと少しですが、応援のほう宜しくお願いします!

 

東京理科大学戦試合インタビュー

東京理科大学戦試合インタビュー

 

今回のインタビューは、

キッカー・パンター / OL・DLとして幅広く活躍した4年生で副将の#66伊藤さん

今試合で2回ものQB SACKを決めた2年生の#52前園くん

リターナー / WRとして活躍した2年生の#4土屋くん

4年生で医務のマネージャーである舟木さん

に答えていただきました!


#66 伊藤夏輝 OL/DL/K/P

1. 試合お疲れ様でした。第2節では52yds、今回の試合では41yds、相手のロスを1yd地点からにするほどのパントで、部員として誇らしく思います。一言お願いします。

たまたまなんで、気にせんとってください。

 

2. キッカー/パンターだけでなく、OL/DLとしても活躍されていますね。残り2試合の意気込みを教えて下さい。

ハードヒットし続けます。

 

#52 前園宏也 OL/LB 2年

1. 試合お疲れ様でした。1試合で2回ものQBサックで相手のロスを大きく下げ、攻めのディフェンスを見ることができました。一言お願いします。

たまたまタックルしたのが自分だっただけなので、チーム全員のおかげででたQBサックだと思っています。

2. 残り2試合となりましたが、意気込みを教えてください!

今のところ厳しい状況にあるので、チームの勝利につながるように努力したいと思います。

 

#4 土屋慶典 QB/WR/DB 2年

1. 試合お疲れ様でした。23ydsのロングパスキャッチ成功や、計69ydsものキックオフリターンでレシーバーとしてもリターナーとしても健闘する姿を見ることができました。一言お願いします。

榎本さんのボールが素晴らしかったです。ボールセキュリティをしっかりとして、1ヤードでも多くゲインできるようにしていきたいです。

2. 残り2節となりましたね、意気込みや目標などがあれば教えてください。

自分に出来ることは限られたことなので、1プレー毎練習でやってきたことを最大限発揮出来るようにしたいです。

 

GM 舟木舞 医務 4年

1. マネージャーから見て、今年のチームはどのようなチームだと思いますか?

学年の垣根を超えて仲が良く和気藹々としていると思います。

2. 4年間医務として部活をしていて、どのような時にやりがいを感じますか?

後輩にテーピングなどを教えてその後輩たちが1人で練習や試合で医務の役割を果たしているところを見た時です。


 

ありがとうございました!

第3節は悔しい結果となり、依然厳しい状況が続いていますが、残り2試合しっかりと戦い抜き、自分たちのフットボールができたらと思っておりますので、変わらぬご声援をよろしくお願いいたします!

次節は、

第4節 V.S. 茨城大学STARGAZERS 11/11(土) 12:30 KICK OFF @アミノバイタルフィールド

となっております。

試合開始時刻が当初と変更になっておりますので、お間違いのないようご来場ください。

東京理科大学戦試合レポート

東京理科大学戦試合レポート

第1Q

理科大のキックにより試合開始。

#4土屋による18ydsのキックオフリターンにより、
自陣28yds地点から横市の攻撃。

ラッシュやパスでゲインを試みるも、ヤードを稼ぐことができず、
理科大に攻撃権を許してしまう。

#23高良、#7中西、#27安藤によるタックル、#24木俣によるソロタックルが決まるも、理科大#21による連続のラッシュ、同#1へのパス成功により、3回のフレッシュ獲得を許し、先制点も許してしまう。

理科大TDPAT成功により、横市対理科大0-7

理科大のキックオフを#4土屋19ydsリターンし、自陣27yds地点より横市の攻撃。

その後の1st down、理科大のペナルティ、パスインターフェアランスにより、横市は反則地点より15yds進んで1st downを繰り返す。

第1Qも半分を過ぎ、なんとかヤードを進めたい横市。

ここで#2秋元による11ydsのラッシュによりフレッシュ獲得。

その後、#43三好、#1榎本がラッシュを重ねるも、フレッシュ獲得には届かず、
理科大に攻撃権を渡してしまう。

理科大の攻撃を止めたい横市。

#73井上、#59田村、#10糸嶺、#93内田のタックルが決まるが、止めることができず、
エンドゾーンまで残り4ydsというところまで攻め込まれる。

ここで第1Q終了。

 

第2Q

理科大の2nd down、敵陣4yds地点より試合再開。

#23高良、#52前園、#99赤阪のタックルが決まり、追加点を抑えたい横市だが、
理科大はチームタイムアウトを選択し、方針を固め、FGを選択。

FG成功により、横市対理科大0-10

理科大のキックオフを#4土屋9ydsリターンし、横市の攻撃に移る。

なかなかヤードを稼げず、フレッシュ獲得まで12ydsとなった3rd down、
ここで#1QB榎本から#4土屋への23ydsものロングパスが成功し、フレッシュ獲得。

その後の2nd down、#43三好14ydsのパスキャッチ成功により、さらにフレッシュを獲得。
このままヤードを進めたい横市。

しかし、ゲインできず、その後の4th downで横市はパントを選択。

#66伊藤41yds蹴り込み、理科大の攻撃開始を自陣1yd地点からにすることに成功。

これにより、理科大が得点するまで99ydsと有利な状況となり、どうにか抑えたい横市。

#52前園、#75細田、#43三好のタックル、#66伊藤ソロタックルが決まる。

しかし、理科大の猛反撃を止めることができず、6回のフレッシュ獲得を許し、#2秋元ソロタックルが決まるも、そのままTD許してしまう。

PAT失敗。横市対理科大0-16

ここで第2Q終了。

 

第3Q

横市のキックにより試合再開。理科大のキックオフリターンを#73井上ソロタックルが止める。

なんとか理科大の攻撃を抑え、得点を得たい横市。

#29宮下ソロタックル#7中西、#24木俣のタックルが決まる。

その後、理科大にフレッシュ獲得を許すも、#24木俣パスカット#93内田、#7中西のタックルが決まり、理科大#20のラッシュによるTDを阻止する。

しかし、エンドゾーンまで残り5ydsというところまで攻め込まれ、後がない状況に陥る。

ここで#52前園によるQB SACKが決まり、相手のロスを9yds下げることに成功した。

その後、#59田村によるタックル、#6江越によるソロタックルも決まり、粘り強いディフェンスを見せるも、理科大はFGを選択し、成功。

横市対理科大0-19

理科大のキックオフをリターンし、横市に攻撃権が移るも、フレッシュを獲得できず、理科大に攻撃権を譲ってしまう。

理科大オフェンスの2nd down、オフェンス側の反則、アンネセサリーラフレスによる罰退、
さらに#10糸嶺ソロタックルも決まり、理科大のフレッシュ獲得を阻止する。

再び横市に攻撃権が移り、#1QB榎本から#23高良への12ydsのパス成功、#2秋元のラッシュにより着実に距離を詰める横市。

フレッシュを獲得し、エンドゾーンまで残り1ydとなった2nd down、#43三好によるTD!!

PATでは2ポイントコンバージョンを選択し、#1榎本がラッシュするが、惜しくも1yd足りず、追加点ならず。

横市対理科大6-19

その後、理科大のキックオフリターンを#10糸嶺ソロタックルで止め、#2秋元ソロタックル#23高良、#29宮下、#52前園のタックルが決まり、再び攻撃権を奪う。

ここで第3Q終了。

 

第4Q

横市のオフェンス、1st downより試合再開。

#24木俣、#23高良へのパス成功や#1榎本のラッシュによりフレッシュを獲得し、2回目のフレッシュ獲得まで残り4ydsとなった横市は、パントによる攻撃と見せかけ、#66パンター伊藤がラッシュを試みる。

しかし、惜しくもフレッシュ獲得には2yds足りず、理科大に攻撃権を譲ってしまう。

#93内田、#75細田、#7中西、#24木俣、#52前園のタックル成功、#52前園の今試合2度目のQB SACK成功により、粘り強いディフェンスを行い健闘するも、理科大の勢いを止めることができず、TDを許してしまう。

PAT成功により、横市対理科大6-26。

理科大のキックオフを#4土屋15ydsリターンし、自陣26yds地点より攻撃開始。

#23高良へのパスが成功するものの、なかなかゲインできない横市。

フレッシュ獲得まで残り12ydsとなった4th down、横市はギャンブルを選択。

見事#1QB榎本から#23高良へのロングパスが成功し、フレッシュを獲得する。

これにより、勢いづいた横市は、#99赤阪15ydsのパスキャッチ成功、#43三好のラッシュを重ね、フレッシュを獲得し、敵陣15ydsまで迫る。

しかしここで、理科大#25にインターセプトを許し、攻撃権を渡してしまう。

#27安藤、#59田村のタックルも決まり、理科大は4th downでパントを選択するも、ボールはフリーボールとなり、理科大がファンブルリカバーし、#10糸嶺ソロタックルで止めるも、攻撃権は再び理科大へ。

理科大は攻撃にニーダウンを選択し、時間だけが経過。

そのまま反撃できず試合終了。横市対理科大6-26理科大の勝利

vs 東京理科大学

 

こんにちは!1年マネの瑠莉です!!

10月28日に富士通スタジアムで行われた、東京理科大学との試合について書きます(*^^*)

 

今回も天気が崩れるという予報でしたが、何とか持ちました。良かったです!!

 

試合の結果はというと…

26-6で負けてしまいました。

 

しかし、ランやパス、タッチダウン、フレッシュの連続獲得といった素敵なプレーもたくさんありました。

特に、後半の盛り上がりはすごかったです!

 

見ていて感動するようなシーンもたくさんありました。

とても良い試合だったと思います。

 

 

今回は公共会場ということもあって、たくさんの方が応援に来てくださりました!

ありがとうございます*

やっぱり、応援してくれる方が多いととても嬉しいです。

 

今シーズンの試合も残りあと2試合!!

最後まで精一杯頑張りますので、どうか応援よろしくお願いします!(^^)!