月別アーカイブ: 2015年7月

首都大戦 試合インタビュー

首都大戦 試合インタビュー

今回の試合インタビューは

QB2年目、すっかりチームを引っ張る存在になってきた3年生の森山くんと、

1年生ながらランプレーでのゲインが印象的だった1年生の中西くんにお願いしました!!

———————————

#17 森山大誉 QB 3年

CIMG1780

 

 

 

 

1.試合お疲れ様でした。今回の試合は惜しくも負けてしまいましたね。首都大戦を振り返ってみてチームとしての反省点、良かった点を教えてください。

反省点としては大事な場面でミスをしてしまった所です。良かった点としてはチーム全体が最後まで点を取りに行こうと思えてた所です。

2.本格的に上級生として下を引っ張っていく立場となりましたね。今年一年を通し、どのような選手になりたいですか?

勝利を導けるような選手になりたいです。

 

#7 中西亮太 RB/DB 1年

CIMG1833

 

 

 

 

1.試合お疲れ様でした。今回の試合では1年生であり経験も浅い中、キャリアとして走る姿が印象的でした。首都大戦の感想を教えてください。

お疲れ様です。自分はデビュー戦の北里大戦で数少ないプレー、キャリアの機会を生かすことができず、とても悔しい結果で終えてしまいました。だから首都大戦で必ず活躍しようという意気込みを持っていました。目標としては、甘い考えだったかもしれないですけど、1プレーで20ヤードゲイン、もっと欲を言うならタッチダウンを取る!というものを立てていました。結果としてはどちらの目標も達成することはできなかったけど、何回か10ヤード以上ゲイン、フレッシュを獲得することができたりしてよかったです。

でもビデオを見るたびにここをもっとこうしていたら目標達成できていたかもしれない、と思うととても悔しいです。この悔しさを次に繋げていきたいと思います。首都大戦は課題などもたくさん見つかり、自分にとってとてもプラスな面が多かったです。経験がまだ浅く、戸惑ってしまうことも多かったけど、これからしっかり練習を積みもっと成長していきたい、上手くなりたいと思える貴重な試合でした。

 

2.アメフト部に入部して約2カ月が経ちましたね。部活の印象や楽しかった出来事などがあれば教えてください!

まず自分が1番最初にアメフト部にもった印象は、とてもあったかいということです。先輩方が本当に良い人達ばかりで、練習中のきつい時に励ましてくれたり、良いプレーをすると褒めてくれたり、精神的にちょっと辛い時でも励ましてくれたりして、とても支えてもらっています。他にも空きコマなどに部室に行くと、誰かがいて、ビデオを見ていたり、アメフトの話をしていたり、そういった意識の高さが本当に尊敬できます。そのような雰囲気なので自分も頑張ろうという気持ちが強くなり、より成長できると思います。この雰囲気が自分はとても好きです。

入部前になるんですけど、タッチフットがとても自分の中では印象に残っています。自分はずっとサッカーをやっていて、ほぼフットサル部に入ろうと決めていた時に、タッチフットを通じて、手を使うフットボールの楽しさを知り、入部しようかなという気持ちが強くなりました。そういった意味では1番印象に残っています。これからきついこともたくさんあると思うけど、頑張ってもっと上手くなって、先輩方に並べるようになっていきます!ありがとうございました。

—————————————–

お二人ともありがとうございました。

森山くんは上級生となり、去年より一層オフェンスチームの司令塔としてチームを引っ張る姿が印象的になりました!3年生でオフェンスリーダーをやることになり、きついこともあると思いますが、そんな姿を見せずに部活に取り組んでいます!秋シーズンへ向けて、4年生とともにチームをしっかり引っ張り、チームを勝利に導ける選手へとなってくれることでしょう!!

中西くんは回答からも伝わる、真摯に部活に取り組む姿勢が印象的です。試合での活躍に喜びを感じながらも、これで満足せず上を目指していく心構えがうかがえ、先輩ながら感動してしまいました!!また、部活の存在をこんなにも大事に思ってくれているのだと、上級生としてはとても嬉しい内容でした!!そして改めてアメフト部の良さを感じられました!

1年生が入部してから約2か月が経ちました。今回インタビューをした中西くんだけではなく、1年生全員から刺激を受けることがとても多いです。上級生となり、当たり前になっていたことに気付かせてもらったり、上級生に追いつこうと必死に練習する姿や下級生としてチームに貢献しようとする1年生たちの姿を見て心があたたかくなったりと、本当に大切な存在です。

また、そんな1年生に対し2年生、3年生、4年生が1から色々なことを教えている姿を見ていると、部員それぞれの成長がうかがえてとても不思議な気持ちになります。

これから秋シーズンに向けて大変なことも多いですが、チーム全員で頑張っていきましょう!