首都大学東京戦 試合インタビュー

#2 土井寛二 RB/DB 4年
1. 春のオープン戦お疲れ様でした!1年生にとっては初戦でもある首都大戦でしたが、試合を終えて一言お願いします。
首都大は毎年、春シーズン積み重ねたものの発揮と、さらなる課題の発見をする良い機会です。上級生は春シーズンの積み重ねとして試合に臨んだ結果、ミスを多くしてしまい、敗戦につながりました。首都大戦を良い試金石と捉え、課題のブラッシュアップを行っていきたいと思います。
1年生は初めて実戦形式でのアメフトを経験し、アメフトの面白さと難しさを学んでくれたと思います。秋シーズンでは全員が戦力として出場してもらいたいので、上級生とともに精進してもらいたいです。
2. 2013年のファイティングシーガルズ、どのようなチームにしてきたいですか?
今年度は目の前の一戦一戦を勝利し、リーグ優勝を果たせるチームになっていきたいです。その為に日々の練習、試合での課題に対してグラウンド内外で自主的に取り組み、日々前進出来る選手の育成に取り組みたいと思っています。
 
#16 上西弘晃 RB/DB 1年
1. アメフトを始めて、初めての試合でしたがどうでしたか?感想をお願いします。
練習と試合の違いを体感しながらも、無我夢中でプレイしました。キャリアにタックルできたときは、練習の成果を実感でき素直に嬉しかったです!
リーグ戦では活躍できるように、更に練習に励みたいと思います!
2. 目標にしている先輩とその理由を教えてください!
目標は4年生の大隅さんです。熱意をもって指導してくださり、更に自分にストイ
ックなところを尊敬しています。追いつき、追い越せの気持ちで頑張りたいです。
 
ありがとうございました!
最近は、元気な1年生も加わり、練習も更に賑やかになりました★
これからの、熱い夏の練習、合宿も頑張って乗り越えましょう!
Tweetgovernment,politics news,politics news,politics