首都大戦 試合インタビュー

首都大戦試合インタビュー
今回のインタビューは・・・
見事逆転のタッチダウンを決めた2年の中西くんと
見事なランでフレッシュ獲得に貢献した1年の長谷川くん
そして1年生ながらに多くのプレーに出場した前園くんに答えていただきました(*^^*)
 
#7 中西亮太 RB/DB 2年

1.第4Q、見事逆転のタッチダウンを決めた時の感想をお願いします!
とてもいい位置でキャリアをさせていただけたので、タッチダウンを決めることができてよかったです。
 
2.1年生も多く入り、新チームとして戦う春シーズンも残すところあと1試合ですが、意気込みをお願いします!
次の試合は1年生がたくさん出るので、誰がどんなプレーをするのかとても楽しみです。また、試合が一番成長できると思うのでこの機会を無駄にせず全力で一つ一つのプレーに集中してロングゲインやタッチダウンをとっていきたいです。
 
#11 長谷川大 RB/DB 1年

1.初試合お疲れさまでした!試合の感想をお願いします!
始めて試合に出場して、ゲインしたのは何よりもうれしかったです。一方で、練習以上に緊張して普段先輩方がおっしゃっていることができませんでした。怪我にも気を付けて、チームに貢献できるように普段から頑張っていきたいです。
2.今回の試合で一番印象に残っているのはどんなプレーですか?
ポジションの先輩である秋元さんのランプレーです。スピードとフィジカルの強さに改めて驚きました。
 
#52 前園宏也 OL/LB 1年

1.試合お疲れさまでした!試合に出た感想をお願いします!
初めての対外試合で楽しかったです。自分の中でまだできていない部分が多々あったので、改善していきたいと思います。
2.次の試合が春シーズン最終戦となりますが、意気込みをどうぞ!
春シーズンを締めくくるいい試合になるよう頑張りたいと思います。
 
 
ありがとうございました!
次の試合が春シーズンの最終戦です!
今回の試合で見えた課題を克服しつつ、新たな戦力となる1年生にも注目していきたいです!
以上首都大戦試合インタビューでした\(^^)/!!
 
 
Tweetgovernment,politics news,politics news,politics

首都大戦試合レポート

首都大戦 試合レポート
第1Q
横市のキックにより試合開始。
開始直後、首都大のリターナーによるTD。得点を許してしまう。
さらにPATも成功され、横市対首都大0-7。
その後、イエローによる罰退や首都大のディフェンスにより思うように攻められず
横市得点できないまま第1Q終了。
 
第2Q
第2Qが開始し、なおも首都大に攻勢をかけられるも
#73井上、#24高良、#69山川らのタックルにより攻撃権を得る。
さらに#27秋元のランによりTD!PATも成功し横市対首都大7-7。
横市は追加点を狙いFGを選択するも、これは成功せず、得点は変わらないまま前半終了。
 
第3Q
首都大のキックにより後半開始。
#97秋元、#29宮下らのラン、#23高良へのパスによりフレッシュ獲得を重ね
攻撃権を首都大に渡さない状態が続く。
その後、#18高谷へのパスが成功し、TD!!
PATも成功し、横市対首都大14-7。
追加点を得、一歩リードする。
しかし、横市、ファンブルリカバーされ、攻撃権を奪われるとそのままTDを許してしまう。
その後のPATも成功を許し、横市対首都大14-14。
 
第4Q
何とか追加点を得たい横市。
インターセプトを許すなど、攻撃権の奪い合いが続く中、残り1ydsまで攻め込む。
そして#7中西のランによりTD!!
PATも成功し、追加点を得る。
これにより横市対首都大21-14。
その後、#66伊藤のファンブルリカバーにより攻撃権を得ると
#97秋元、#97長谷川のランによりフレッシュ獲得を重ね、攻撃権を握ったまま試合終了。
横市対首都大21-14で横市の勝利。
Tweetgovernment,politics news,politics news,politics