首都大学東京戦 試合レポート

Q

首都大のキックにより試合開始。

横市ディフェンス1stシリーズ、3ダウンアウトに終わらせる。

続いて、横市オフェンスいきなりインターセプトをされ、リズムを掴むことが出来ず。

横市ディフェンス、首都大のオプションランに苦しめられ、自陣1ydsまで許し、

パスでTD、先制される。

PAT成功、0−7

 

Q

横市ディフェンス1stプレーで30ydsのロングパスを決められTDされる。

PAT失敗、0−13

横市オフェンスはインターセプトで、首都大に好位置からのオフェンスを進められ、

ランプレーでTDを許してしまう。0−19

PATも決められ、0−20

更に、首都大のオプションランQBキープに苦しめられ、TD。0−26

PAT成功、0−27

 

Q

横市ディフェンス、首都大オフェンスに喰らいつき、このクォーターは共に得点動かず。

 

Q

横市オフェンス、ゴール前4thダウンギャンブル、TDを狙うもパス失敗。

攻守交代して首都大に80ydsのロングパスを決められ、TD.0−33

PAT失敗。

ここで試合終了、0−33

Follow me!