東京国際大学戦 試合レポート

 

 

東京国際大学戦試合レポート

 

第1Q

横市のキックにより試合開始。

東国オフェンスにランプレーでのフレッシュを重ねられ、ゴール前5ydsまで攻められる。

横市ディフェンス果敢に挑むもFGを決められ0-3と先制点を許す。

その後の横市オフェンス、最初のシリーズでフレッシュ獲得するも

2度目のシリーズでギャンブル失敗、攻撃権を渡す。

 

第2Q

東国オフェンス、敵陣20ydsからの4thダウンでFGを選択するも失敗、横市が攻撃権を得る。

続く横市オフェンス、#1米田、#7岡田のラン、#27戸田へのパスなどで着実に進んでいく。

そして敵陣30yds付近からの1stダウンで#29八幡がランでのタッチダウンを決める!!

#27戸田のPATも決まり、7-3

その後はお互いパントでの攻守交代が続き、7-3で前半終了。

 

第3Q

東国のキックにより試合再開。

横市オフェンス自陣20ydsから攻撃を開始し#1米田、#29八幡のラン、#7岡田へのパスで

フレッシュを重ね敵陣28ydsまで進む。

4thダウンでギャンブルを選択、#2秋元がランでタッチダウン!!

#27戸田のPATも成功、得点は14-3へ。

しかし続く東国オフェンスに着実に攻め込まれ、横市の反則でも大きな前進を許してしまい

ゴール前15ydsからのパスでタッチダウンを決められてしまう。

PATも成功し14-10と4点差になる。

その後はお互い得点に結びつくプレーはなく、東国が攻撃権を持った状態で第4Qへ。

 

第4Q

横市ディフェンス、東国自陣25ydsからの攻撃でのファンブルリカバーにより攻撃権を得る。

#29八幡のランでファーストダウン獲得、ゴール前10ydsという有利な位置からの攻撃を開始するも

ファンブルにより攻撃権を渡してしまう。

続く東国は自陣10ydsから攻撃開始、ランでフレッシュするとその後のシリーズで約60ydsものランが飛び出す。

横市必死に止めにかかるが追いつけず、タッチダウンを許す。PATも成功14-17と逆転される。

その後の横市オフェンス、ランプレー中心にフレッシュを重ねていく。

敵陣15ydsからの攻撃、4thダウンではFGを選択、これを#27戸田が決め17-17と同点になる。

東国の攻撃へと移るが、敵陣に入ったところで時間切れになる。

17-17、同点で試合終了。

 

Follow me!