大東文化大学戦 試合レポート

大東文化大学戦 試合レポート
第1Q
大東のキックにより試合開始。
#10糸嶺が62ydsものリターンに成功し、敵陣28yds地点から横市の攻撃。
ランで少しずつヤードを稼ぐがフレッシュ獲得には至らず、横市はF.G.を選択。
#13吉永がこれを決め、横市対大東 3-0。
その後の大東の攻撃では#51尾関のタックルなどによりフレッシュ獲得を防ぐ。
その後は横市も攻撃が繋がらずPuntを選択。
大東の攻撃では3度のフレッシュ獲得を許し、自陣深くまで攻められてしまうが、タッチダウンを許さず。
続いて自陣14yds地点から横市の攻撃。
#7中西のランが出るもののフレッシュ獲得には至らない。
ここで第1Q終了。
 
第2Q
続く相手の攻撃では、主にランで少しずつヤードを進められ、3度のフレッシュ獲得を許してしまう。
しかし#10糸嶺や#86村木のタックル、#59田村のQB sackが決まり、相手の得点を防ぐ。
横市の攻撃では、#7中西による数回のランで計18yds前進する。
その後は両者ともフレッシュ獲得とはならず、第2Qが終了する。
 
第3Q
横市のキックにより試合再開。 #78村松がリターナーにタックルする。
相手の攻撃の際、 #59田村が再びQB sackを決める!
ところが25ydsに及ぶパスの成功を2度許しヤードをゲインされ、タッチダウンを許してしまう。
PATの成功も許し、横市対大東 3-7。
その後の横市の攻撃ではインターセプトされてしまい、再び相手の攻撃となる。
#93内田、 #7中西、 #79土屋武、 #69山川のタックルと#24木俣のパスカットが決まるものの、フレッシュ獲得とF.G.成功を許し、横市対大東 3-10。
横市の攻撃では#9窪寺のランが出るもののフレッシュ獲得には及ばず。
ここで第3Qが終了。
 
第4Q
横市はPuntを選択するがファンブルしてしまい蹴ることが出来ず、自陣9yds地点から大東の攻撃となる。
粘りを見せるも相手にタッチダウンとPAT成功を許し、横市対大東 3-17。
自陣27yds地点から横市の攻撃。
#10糸嶺へのパス成功により19yds前進してフレッシュを獲得するも、Puntを選択。
大東の攻撃では#35照屋や#27安藤のタックルが決まりタッチダウンを許さず。
その後の横市の攻撃、 #24木俣へのスクリーンパスが成功して43ydsをゲイン!
反撃しようと勢いに乗る横市であったが、その後ファンブルリカバータッチダウンを決められてしまう。
相手のPATは成功し、横市対大東 3-24.
自陣28yds地点から横市の攻撃。
#23高良へパス成功で14yds稼ぎフレッシュを獲得するが、攻撃は繋がらない。
Puntを選択した横市であったが、相手にパントリターンタッチダウンの成功を許す。
PATも決められ、横市対大東 3-31.
相手のオンサイドキックが成功し1st downを終えたところで時間となり、試合終了。
横市対大東 3-31 で、大東文化大学の勝利となった。
 
 
 

Tweetgovernment,politics news,politics news,politics

芝浦工業大学戦試合レポート

芝浦工業大学戦試合レポート

 
第1Q
芝浦工業のキックオフにより試合開始。
横市は#1中西のランを中心にゲインを重ねるが、フレッシュ獲得できず攻守交代。
対する芝浦工業もランにより着々と横市陣に近づくものの、#10糸嶺らのタックルがそれを阻む。
しかし、直後の3rd down、21ydsのランを止められず、フレッシュ獲得を許してしまう。
だが、続くシリーズでは#11長谷川らのタックルが芝浦工業の攻撃を食い止める。
芝浦工業は4th downでFGを選択。しかし、失敗に終わり、攻撃権は横市に。
横市はパスによりゲインを狙うも、思うようにパスが通らず、またしても芝浦工業へ攻撃権を渡してしまう。
直後の芝浦工業の反則により、横市に好機が訪れたと思われたが、続くプレーで芝浦工業が47ydsのラン。
フレッシュ獲得により、横市陣21ydsまで攻め込まれてしまう。その後、ランにより横市陣17ydsまで進めた芝浦工業は、FGを選択。
このFGを悔しくも決められてしまい、横市対芝浦工業0-3。
先制点を奪われてしまう。
後に続きたい横市は#1中西、#9窪寺らのランによりゲインを重ねるも、フレッシュ獲得できず、再び芝浦工業の攻撃へ。
#24木俣や#13吉永らのタックルが、芝浦工業の攻撃を抑え、各チーム追加点なく第1Q終了。
 
第2Q
引き続きディフェンスの横市。
パスやランにより、着実にゲインを重ねる芝浦工業だったが、#52前園のタックルが炸裂。横市が攻撃権をもぎ取る。
勝ち越し点を得たい横市は、#1中西、#24木俣、#9窪寺らのランや#13吉永へのパス、そしてライン陣の後押しによりフレッシュを量産。
着々とゴールラインに近づく。
好機をとらえた横市は、#23高良への13ydsのパスも成功させ、見事TD。
続く#13吉永によるPATも難なく決まり、横市対芝浦工業7-3。
流れを掴んだ横市だったが、芝浦工業のランを止めきれず、ロングゲインを許してしまう。
横市勝ち越し点から僅か2分後、芝浦工業がパスプレーを決め、そのままTD。
その後のPATも決められ、横市対芝浦工業7-10。
横市が後を追う形で前半終了。
第3Q
横市のキックにより後半開始。
追加点を狙う芝浦工業はランにより着実にゲインを重ねる。
#51尾関や#10嶺らをはじめとするディフェンス陣がそれを阻むものの、20ydsのパスを許してしまい、芝浦工業、2度目のTD。
続くPATは不成功に終わり、横市対芝浦工業7-16。
何としてでも追加点を得たい横市は、攻撃権を得ると#43三好へのパスや#9窪寺のランによりフレッシュを重ねる。
ゴール前7ydsまで攻め込み、芝浦工業を追い詰めると、4th down、フレッシュ獲得まで残り1ydsのところでギャンブルを選択。
ランプレーによりTDを狙うも、芝浦工業のディフェンスに阻まれ、攻撃権を譲ってしまう。
芝浦工業はランによりフレッシュを量産。対する横市ディフェンス陣も#43三好や#79土屋(武)らのタックルが決まり、ゲインを阻止するものの、攻撃権を奪えず、攻守交代がないまま第4Qへ。
第4Q
芝浦工業の4th downで迎えた第4Q。芝浦工業はパントを選択し、横市が攻撃権を得る。
#23高良への17ydsのパスプレーが決まり、横市大幅にゲイン。
そのまま敵陣へ攻め込むものの続くパスがなかなか決まらない。
#9窪寺や#24木俣らがランプレーによりゲインするも悔しくもフレッシュ獲得ならず、攻守交代。
攻撃権を得た芝浦工業はランによりゴールラインに近づくとFGを選択。これを決め、横市対芝浦工業7-19。
反撃の流れを掴みたい横市だったが、ここで痛恨のインターセプトを許してしまう。
貴重なオフェンスの流れを止める結果に。
再び攻撃権を得た芝浦工業はランやパスを駆使し、ゴールラインへと迫る。
ここでも横市ディフェンスは芝浦工業の攻撃を止めきれず、悔しくも本日3度目のTDを許してしまう。PATも決められ、横市対芝浦工業7-26。
芝浦工業のキックにより試合が再開するも、横市オフェンスがセーフティにより、芝浦工業へさらなる追加点を与えてしまう。
ここで、横市対芝浦工業7-28。
残り時間僅かの中、横市ディフェンスで試合が展開していく。
このシリーズでは#11長谷川らのタックルもあり、大幅なゲインを阻止。
攻撃権を得て、フレッシュを量産したい横市だったが、ここでまたしてもセーフティにより失点。横市対芝浦工業7-30。
後がない横市は続くキックでリカバーに成功し、攻撃権を譲らない。横市オフェンスのまま試合は展開していく。
横市はパスプレーにより大幅ゲインを狙うものの、ここでまたしても芝浦工業にインターセプトを許してしまう。
攻撃権を奪われた横市は、意地のディフェンスを見せるものの、芝浦工業のパスプレーによりTDを許してしまう。
続くPATでは2ポイントコンバージョンにより、横市対芝浦工業7-38。
その後、横市オフェンス陣が健闘するも、点差を埋められず、横市対芝浦工業ともに点数変わらずに7-38で試合終了。
3戦目も白星をあげることはできず、悔しい結果となった。
Tweetgovernment,politics news,politics news,politics

宇都宮戦 試合インタビュー

 
宇都宮戦 試合インタビュー
秋リーグ第2節・宇都宮戦の試合インタビューは、
4年生のまひろさん、3年生の田村さん、1年生の優斗くんに答えて頂きました。
チームを支えるラインマン3名のインタビューは必見です!
 

 
4年 #69 OL/DL 山川真広

1.試合お疲れ様です。なかなか目立つことが少ないと思われがちなDTですが、今回のまひろさんのプレーはどれも非常にアグレッシヴで心を奪われるものでしたね。試合中心掛けていることはありますか。
無我夢中でプレーしてるだけです、心を奪われるなんて言われると照れるのでやめてください(笑)
2.リーグ戦残り3試合となりましたが、最上級生としてどのように戦っていきたいですか。
チーム全体を鼓舞するようなプレーができるようにがんばります。
 
3年 #59 OL/DL 田村漱介

1.試合お疲れ様でした。見事なQB sackでした。今回の試合を振り返ってみて、ご自身のプレーはいかがでしたか。
もっといいプレーができたと思います。次の試合ではもっとプレーの質を上げていきたいです。
2.リーグ戦残り3試合となりました。次節の目標を聞かせてください。
全力でライン勝負で勝ちを取りに行きます。
 
1年 #86 OL/DL 村木優斗

1.試合お疲れ様でした。出場は緊張もあるかと思いますが、どのような思いで臨んでいますか。
確かに緊張はしますが、先輩に今まで教わったことを活かして、最後まで全力でプレイすれば上手くいくという思いを胸に、試合に望んでいます。
2.1年生ということでまだまだ成長が期待できます。今後の目標を教えてください。
日々、様々な面で成長していくための努力を怠らず、ミスの少ないプレイヤーになっていきたいです。
 

ありがとうございました!
第3節は10月28日(日)、ICU三鷹キャンパスにて、芝浦工業大学と戦います!
今後とも応援のほど、よろしくお願い致します!

Tweetgovernment,politics news,politics news,politics

夏合宿

こんにちは!
3年マネの梨沙です?
まだまだ暑い日が続いていますね、、
 
さて!アメフト部はというと、8/23〜27日まで4泊5日の夏合宿に行ってきました。
場所は毎年恒例、山梨県セイコウ荘さんに今年もお世話になりました。
 
初日と2日目の午前中が台風の影響で雨だったため、室内でミーティングを行ったり、過去の試合のビデオを見て試合のイメージを掴むという形になりました。
2日目の午後からはグラウンドでの練習を再開し、午前練と午後練に分けて練習を行いました。グラウンドからは富士山も見えてとても気持ちいいんですよ?
夜は反省の後ミーティングを行い、そこでアサイメントの確認や具体的な動きをチェックします。
マネージャーも全体でミーティングをしたり、役割ごとに講習会を開くなど有意義な時間を過ごしました。
 
また、土日の練習にはたくさんのOBさんにお越しいただき、普段以上に活気のある練習を行うことができました。

 
今回の合宿を通して、より一層チームの団結力が深まったのではないでしょうか。
今回の合宿で得たことを力にして、シーズンに向けてさらに気を引き締めて練習に励んでいこうと思います?
 
試合が始まったら、その様子も随時ブログにアップしていくのでぜひチェックしてみてください!
 

Tweetgovernment,politics news,politics news,politics

首都大学戦 試合レポート

首都大学戦試合レポート
 
第1Q
 
首都大のキックにより試合開始。
 
#10糸嶺による17ydsのキックオフリターンにより横市の攻撃。
 
2nd down、#23高良へのパスが成功するが、その後フレッシュ獲得ならず。
 
続いて首都大の攻撃。#9窪寺や#24木俣のタックルにより、首都大にフレッシュ獲得を許さず。
 
再び横市に攻撃権が移り#8中西と#43三好のラン、#99赤阪と#10糸嶺によるパスキャッチにより大きくヤードをゲインし、フレッシュ獲得。
 
その後攻撃が続かず首都大に攻撃権を譲ってしまうが、#93内田のロスタックルなどで守り抜く。
 
横市の攻撃で#4土屋慶による18ydsのランによりフレッシュ獲得するが、続く攻撃でインターセプトされてしまう。
 
しかし、#23高良と#16中村によるタックルで相手にゲインを許さない。
 
ここで第1Q終了。
 
 
第2Q
 
首都大にフレッシュ獲得を許さず、横市の攻撃。
 
攻撃がうまくつながらず横市はPuntを選択するが、首都大のオフサイドによりフレッシュを獲得する。
 
#10糸嶺のパスキャッチが成功するがフレッシュ獲得には至らない。
 
その後のPuntで蹴ることができず、自陣のエンドゾーン手前で攻撃権を渡してしまう。
 
首都大の攻撃では、#23高良、#99赤阪、#52前園、#59田村らのタックルで相手にタッチダウンを許さない。
 
その後首都大にFGを決められ、横市対首都大0-3。
 
#10糸嶺による38ydsのキックオフリターンにより横市の攻撃。
 
#29宮下のランと#93内田の2度のパスキャッチで大きくヤードを進める。
 
しかしタッチダウンには至らずFGを選択。これを#13吉永が成功させ、横市対首都大3-3。
 
#10糸嶺と#93内田によるタックルと#8中西によるパスカバーで相手の攻撃を抑え、ここで第2Qを終える。
 
 
第3Q
 
#72加藤のキックにより試合再開。
 
#43三好、#99赤阪、#72加藤のタックルにより相手にフレッシュ獲得を許さず。
 
#23高良のパスキャッチや#8中西のラン、#4土屋慶のロングランでフレッシュを獲得。
 
続く攻撃で#29宮下によるロングランが続き、横市はエンドゾーンに迫る。
 
そして最終的には、#8中西がランによりタッチダウンを決める!!
 
PATは外し、横市対首都大10–3。
 
その後の横市のキックでは、#10糸嶺が相手のリターナーを深い位置でタックルすることに成功し、試合を有利に進めていく。
 
さらに、#53吉田が見事ファンブルリカバーに成功する!
 
攻撃権が横市に移り、ここで第3Qが終了。
 
 
第4Q
 
攻撃が上手く続かないまま攻撃権を渡してしまった横市は、#24木俣のタックルなどで粘り強いディフェンスを続ける。
 
しかし首都大にエンドゾーン間際まで攻め上げられ、相手にはタッチダウンを決められてしまう。
 
さらに相手のPAT成功により逆転を許し、横市対首都大9–10。
 
#29宮下のランや#93内田の二度のパスキャッチでヤードを稼ぐが、フレッシュ獲得ならず。
 
相手の攻撃時には#59田村のロスタックルや#13吉永のタックルが光るが、相手にフレッシュ獲得を許してしまう。
 
ここで時間となり、試合終了。
 
横市対首都大9-10で首都大の勝利。
 
Tweetgovernment,politics news,politics news,politics