城西大学戦 試合レポート

1Q
城西のキックで試合開始。
両者の攻防が続く中、敵陣35ヤードより横市の攻撃がスタートすると、
♯24松崎のTDランにより横市が待望の先制点を挙げる。6-0。
続く♯27藤森のPAT成功により7-0。
横市のディフェンスの途中で1Q終了。

2Q
敵陣15ヤード地点より城西の攻撃が始まる。
すぐに横市の攻撃に交替し、♯17西本から#47小澤へのパスが通るなどで敵陣深くまで攻め込む。
ここで♯24松崎がまたしてもTDランを決める。13-0。
♯27藤森のPATは失敗に終わる。
その後ディフェンスもしっかりと相手の攻撃を防ぎ、攻守交替。
自陣40ヤード地点より横市のオフェンススタート。
相手の反則もあり横市が攻撃権をそのまま持ち続け、ゴールライン残り10ヤードまで攻め込む。
ここで横市はFGを選択するが、失敗に終わる。
前半終了。13-0。

3Q
横市のキックで試合再開。
後半のディフェンスも集中力を切らさず、相手のゲインを許さない。
横市の攻撃に交代すると♯24松崎のランや#17西本から♯6小林へのパスなどで敵陣深くまで攻め込む。
最後は♯17西本から♯26小杉へのTDパスが決まり、19-0。
♯27藤森のPAT成功。20-0。
攻守交替し、敵陣13ヤード地点より城西の攻撃スタート。
ここで♯47小澤と♯52宮澤のハードタックルが相手のファンブルを誘い込む。
その隙に♯16島田がリカバーし、横市が攻撃権を奪取する。
その後も着実にゲインし、またしても♯17西本から♯26小杉へのTDパスが決まる。26-0。
♯27藤森のPAT成功。27-0。
横市のディフェンスの途中で3Q終了。27-0。

4Q
敵陣20ヤード付近より城西のオフェンススタート。
横市はディフェンスでも♯53岸下のソロタックルや♯16島田のインターセプトなどビックプレーを重ねる。
敵陣25ヤードという好位置からオフェンススタート。
このチャンスをしっかりと活かして♯24松崎が本日3度目のTDラン。33-0。
♯27藤森のPATも成功し、34-0。
その後どちらも得点を許さず試合終了。34-0。
シーズン初戦を白星で飾る。

Follow me!